9/2ビーズカフェWS

 「自由に作りたいものを作れるワークショップ」を目指し、やや勢いにまかせて始まった青山サロンでのほぼ月イチワークショップ「Beads Cafe」。その第1回が9/2(土)に開催されました。

 

 「自由に」といっても無限の自由ではありませんが、なんとなく自分の経験上、決まりきったパーツが封入された決まりきったビーズキットを作る・・というワークショップは、どなたにとってもあまり楽しいものではないと思っていましたので、幅広い選択肢を持たせたワークショップという定義で進めていけたらと考えています。

 

 基本的には、tinytanyのこれまでのワークショップの中で人気のあったアイテム3種類の中から作りたいものを選んでいただき、さらにそれぞれの材料をできる限り自由に選択できる、という内容です。

 作製アイテムは

  • サンキャッチャー
  • ラップブレスレット
  • ノッティングアクセサリー

の3つ。サンキャッチャーはインテリア雑貨で、ラップブレスレット・ノッティングアクセサリーは完成したその場から着用していただけます。

 (詳しくはこちらをご覧ください)

 

 

 今回は、ラップブレスレットとノッティングアクセサリーのご希望をいただくところからのスタートでしたが、参加者の方の構想がどんどん広がっていきまして、最終的には「革紐を使わないラップブレスレット」と、「コットンパールとチェーンの7wayネックレスのセット」が完成しました!

 通常革紐でパーツを挟むようにして作る「ラップブレスレット」ですが、今回は光沢のあるナイロン製のラメコードを使用。

 全体的にクリアカラーからブルーの間の爽やかな色合いのパーツで構成されていますが、その中で濃い紫のパーツがアクセントになっていて大人っぽい印象です。

 コードの色も、ボタンの色も、ガラスビーズの種類も並べ方も、そしてパーツを編むための糸の色もすべてご自身で考えていただき、デザインにも個性が反映されているようですね!

 

 やわらかいラメコードを使っての作成は、糸の掛かりが不安定で編みにくい部分もあったかと思いますが、均一な力加減でとてもキレイに仕上げていただきました。


 そして、「コットンパールのノッティングにチェーンを合わせて」という発想から、コットンパールとゴールドチェーンの3連ネックレスに着想した7wayアクセサリー。コットンパールは穴の入り口が大きいので、ノッティングも出来なくはないのですが少し不格好になってしまいそうだし、チェーンワークの方がスッキリシンプルになるであろうとこの形となりました。

 

 現役のモデルさんでもあるお客さまは、以前「骨格スタイル分析」をさせていただいた際に「ナチュラルタイプ」であることが分かっていましたので、パールのサイズは大きめ、ネックレスは長めが鉄則。3本のネックレスを自由に組み合わせてお楽しみいただけるよう留め具にちょっとひと手間加え、7通りの着け方ができるようになりました。

 さすが、ご自身で作られたアクセサリーを着けたお姿もステキです!見とれちゃいますね(*^^*)

 ゆっくりご自身のペースで手作りを楽しんでいただけるようご用意している「Beads Cafe」。

 参加していただく方の「こんなデザインがあったらいいのに」という発想が、私の「ご自由にお作りくださいませ」の枠を超え、きっとこれからも多くの魅力的な作品が生まれると思っています。あ、でも逆に「パーツを決めておいてほしい」という方がいらっしゃれば、もちろんそれも承りますので、遠慮なくお申し付けください。

 

 次回は10/9(月・祝)、13時~開催です。

 参加ご希望の方は、Work shop ページのお申込みフォームよりご連絡くださいませ。